So-net無料ブログ作成
検索選択

赤い目のクマってないの?

血液の流れが悪くて起こる目のクマですが、血液は赤いのに黒っぽい目のクマってどうして?と思われたことがありますか?

実は、目のクマの血液というのは、不健康な血液、酸素を含まないヘモグロビンだから、赤いのでは黒っぽい色をしています。

もう少し詳しく言うと、疲れ、寝不足、猛烈なストレスなどで、目の下の脂肪が出てきます。

その脂肪が毛細欠陥を圧迫して、血行が悪くなり、目のクマができるということです。

血行不良は、血液内が酸欠状態になりますから、きれいな色の赤い血管は黒ずむということです。

それだけ、不健康ということになります。

タグ:脂肪 圧迫 酸欠

目のクマは大きく分けて2種類あります。

目のクマは、内的原因と外的原因の2つに大きく分けられます。

どちらも原因も症状も全く違うので、自分がどちらの目のクマなのかを知らないと大きく失敗をすることになります。

しかし、内的原因である血流の場合は、血行改善を心がけることで目のクマを解消するわけですが、これは目のクマだけではなく、体全体に良い影響を与えます。

外的原因である目の周りの炎症などによる目のクマは、メイク落としの際に津からを入れてこすったり、メイクも雑になぞったりすることで目のクマができます。

この場合は美白効果のあるスキンケアで、治していきましょう。

目の下がぷっくりして、大きくなり、目のクマのように見える場合は、マッサージなどを施してみましょう。

それでも駄目なら、美容整形などで相談してみるのが良いですが、いずれの手術もプチ整形くらいの軽いものですから、身構えることはないでしょう。
タグ:相談 内的 外的

目のクマには種類があります

目のクマ種類で、内臓との関係するものがあります。

というのは、体調不良と大きく区切ってしまってもいいのですが、内臓の中でも腎臓機能低下が目のクマを作るといわれています。

この場合も血流を良くすることで目のクマが改善されますので、ビタミンやミネラルを含む食品を食べたり、医療機関へ行くことをお勧めします。

そして、一時的な目のクマ種類の代表が疲れです。

目を酷使するだけではなく、睡眠時間か極端に少なかったりしても、目のクマはできてしまうものです。

睡眠時間の確保と早めの就寝が解決するこの目のクマの種類ですが、長く続いてしまうと内蔵にも障害が出ますので注意しましょう。

そのほかの目のクマ種類は目の周りをゴシゴシこすり、肌の炎症から起きる色素沈着です。

目の周りは薄い皮膚ですから、少しの刺激で炎症を起こし、毎日のクレンジングなどでひどくなってしまいます。

クレンジンクは優しく落とせるものを選びましょう。

目のくまは病気?

目のクマ病気だと言うのはオーバーなようですが、実は目のクマは内臓疾患を知らせる信号と考えられる場合があります。

病気なら目のクマだけではなく、体の調子もイマイチという状態が続いているとは思いますが、そうではなく目のクマだけ気になるという方もいらっしゃると思います。

メイクの色素沈着以外の目のクマではも血流が悪いと考えられます。

体調のほかに、太ってきたとか体調の変化がある場合、何か心当たりはあるでしょうか?

そういえは過労が続いているとか、健康診断で引っかかったという場合、腎臓や心臓の病気を疑ってみましょう。

特に腎臓機能が落ちている場合は、目のクマができやすいといいます。

目のクマ病気ではないのですが、その疑いは少しはあるということです。
タグ:体調 化粧 内臓

目のくまの種類は?

目のくまの原因は一つでありませんから、目のくま種類はいくつかあります。

疲労から寝不足からくる種類目のくまは、血行不良によるものです。このときの体調としては、血液循環が悪いため、ベストとはいえない状態でしょう。

また、いたって健康体なのに目のくまができる色素沈着が原因の目のくま種類は、メラニン色素が犯人です。目のまわりをこすったり、刺激を与えたりして、色素が沈着してしまうのです。

美白効果のある化粧品などを使用したり食べ物を気をつけ、目の下のケアを行うことで、だんだんと治ってきます。

いずれも、体調や皮膚に関係する種類目のくまですが、加齢とともにやってくる肌の衰えによる目のくまは、小じわやたるみが原因となってしまいます。

この種類目のくまは、効き目のあるサプリメントや化粧品を使って、ヒアルロン酸やコラーゲンなどで潤い成分を補います。また、表情筋を鍛えてたるみを引き上げてあげることも有効です。

茶くまって、目のくまの種類

目のくまと一口に言ってもいくつか種類があります。

目のくまのひとつ、茶くまは、メラニン色素沈着の原因といわれています。

茶くまを引き起こす要因は、こすりすぎなどの肌への摩擦があります。

メイクの際に、強くアイメイクを施したり、クレンジングのときにゴシゴシと目の回りを強く刺激しているということでも茶くまの原因になるようです。

また、紫外線・赤外線などのダメージや、乾燥などによって目元にメラニンが作られてしまった状態です。

美白とか、日焼けというと、顔全体のことを指しますが、皮膚の薄い目元こそ、茶くま予防のため日焼け対策を考えなければならないということです。

茶くまは日焼けのように見えることから、メイクもつい濃くなりがちですが、実はそれがまた茶くまをひどくします。

茶くま以外でも、目のくまは、目もとの周りの血行不良です。

乾燥や紫外線と刺激にはくれぐれも注意をしましょう。

心配な赤ちゃんの目のくま

赤ちゃんが寝不足で目のくまができるというのは考えられないことです。

しかし、現に目のくま赤ちゃんの顔に出るということはよくあることです。

まぶたの皮膚は薄いですから、静脈に血液がよどんだ状態になったすると、目のくまになって見えるのです。

赤ちゃん目のくまも同じで、血行不良と考えて良いでしょう。

色素沈着を起こしやすいまぶたはちょっとした刺激でも目のくまになりやすい場所です。

また、アトピー性皮膚が原因という説もありますが、赤ちゃん目のくまに関しては、気がついたら、優しくマッサージをしてみましょう。

もし、目のくまだけではなく、腫れなどの症状が出てきた場合は、医療機関へ行くことをお勧めします。