So-net無料ブログ作成
検索選択

美容外科で目のクマ治す?

美容外科での目のクマの治療ということになりますと、たるみや脂肪の膨らみが原因のものになります。

また、皮膚が薄くて、皮下の毛細血管が目のクマのように見えてしまうというような場合も含まれます。

このような場合、美容外科では、目のクマを診察した上で、目の下のたるみを取る手術、脂肪除去手術、コラーゲン注射療法などの治療を行います。

いずれの手術も治療時間は30分程度で入院の必要はありません。手術後通院の必要はありますが、抜糸等のためであり、長期間のものではありません。

プチ整形の感覚で目のクマがすっきりしますから、どうしても消えない目のクマがある場合は美容外科で解消してみませんか?

手術を受ける際には、医師とのカウンセリングが大切です。納得いくまで話をしてから決めた方が良いです。

目のくまとエステ

目のクマや肌のトラブルをエステで身を委ねて解決するというのは優雅なことです。

金銭的にも時間的にも余裕があるという方は、フェイシャルエステ目のクマも完璧にマッサージしてもらったら至福のときですね。

もちろん体のリラクゼーションのときに身をまかせ、気分はヘブンです。

しかし、現実に戻ると、そんなお金はないし、目のクマだけなら、自分でマッサージで解消できます。

それと規則正しい生活の毎日が一番目のクマには効果的です。

高い料金でエステへ行っても、くたくたした生活をしていると、あらあらまたまた目のクマが。

ですから、目のクマエステへ行ったつもりで、毎日のマッサージと睡眠をたっぷりとって、目のクマとは無縁の生活をしましょう。

目のクマを治すには

目のクマ治すということで、ここでは、疲れやメイクが原因の目のクマではなく、肌の凹凸による目のクマについて触れてみましょう。

目の周りは、年とともにたるんできます。そればかりではなく不規則な毎日を過ごしていたりすると、そのたるみは一層ひどくなり、目のクマがより際立ってきます。

このような場合、目のクマに当たる膨らみを除去する手術があります。又、除去までせずに、たるみを引っ張りあげることで、目のクマ治すことができます。

どちらの手術が適当なのかは、カウンセリングをしっかり行い目のクマ治す良い方法を考えましょう。

又、凹凸が激しい場合、ヒアロルン酸を注入し、凹凸を目立たなくして目のクマ治すプチ整形もあります。

いずれにしても、疲れなどの目のクマではなく、実際に顔の手術を施すことで目のクマ治す場合、カウンセリングを受けてみるのが良いでしょう。

目のクマを取ろう

目のクマ取るということでは、いくつか取る方法があります。

血行不良による目のクマは、まずは気がついたときに、熱いタオルと冷たいタオルの交互に目のクマに当ててみることです。

こうすることで、血行が良くなり、目のクマはなくなると思います。

しかし、これは応急処置的なことで、軽い目のクマには効きますが、重症なというか長期間の目のクマでは、食事やサプリを使うと目のクマ取ることができます。

食事は、ビタミンやミネラルや緑黄色野菜などをふんだんに食べること、睡眠時間はその人の理想の時間でいいのですが、就寝時間を午前0時までにするということが良いようです。

色素沈着による目のクマ、茶くまと言われるものについては、メイクの際に出来てしまったものなので美白効果のあるクリームなどで取る方法が良いでしょう。

目のクマにはマッサージが有効

目のクマにはマッサージが手軽に出来る改善法です。

やり方は簡単、目の周りを押さえたり、さすったりするだけでも随分と違います。

そのときのマッサージのコツは、絶対に力を入れないこと。

押すといっても軽く押すだけで十分効果があります。

目のクママッサージということは、目の周りの血行をよくすることです。

そして、目の周りにはツボが多く、眉毛の上は両端と真ん中辺りがツボになっています。

そのあたりだけは、少し強めに押してみて、痛気持ちよいくらいなら、効果があるということです。

後は熱いタオルで目を押さえるというのも血行に良いとされています。

毎日続けると効果があるマッサージ目のクマだけではなく疲れたときにももちろん有効です。

目のくまは脂肪除去で治す?

疲れたときに現れる目のくまですが、疲れたときだけとは限りません。

目の下の脂肪が、年齢とともに垂れ下がって、ぷっくりとした状態になり、それが目のくまのように見えるということもあります。

疲れや寝不足、内臓の故障から来るものではなく、肌のトラブルからものです。

マッサージでリフトアップをすることで、脂肪除去されるということは不可能ですが。見栄えとしては少しは改善されます。

顔の脂肪は、加齢とともに引力に逆らわず、下へ下へとうつっていきます。

そして目の下も同じことですから、どうしても気になるという方は、医療の手を借りて父脂肪辞去ということも考えてみましょう。

現在は、脂肪除去だけではなく、目のくまの凹凸を平らにするよう脂肪を移すという方法での目のくま解消法もあります。

この手術法は、脂肪除去は再び脂肪がたまるということも考えられるので、移すことによって固定するというものです。
タグ:手術 脂肪 加齢

目のくまを取る方法、いろいろ

目のくま、どうしてもすぐに取りたいという方、速攻で取る方法としては、熱いタオルと冷たいタオルをご用意ください。

想像はつくと思いますが、2つのタオルを交互に目のくまに当てるというものです。

血液の流れが悪くて発生する目のくまには、この取る方法が有効です。

昨日今日の目のくまではなく、ここのところなんだか色濃くなってきたという目のくまに関しては、色素沈着の可能性があります。

タオルの取る方法では対処できませんから、色素を取る方法を考えましょう。

美白効果のあるケアや肌の水分を逃がさない方法で、お肌の保全につとめてみましょう。
徐々に目のくまが目立たなくなります。

そして、目の下のたるみが原因の目のくまは、肌のリフトアップや美肌効果のあるものをケアとして使うほか、手術で取る方法もあります。

いずれも原因がそれぞれですから、取る方法にしても変わってきます。自分の目のくまの原因を知ることが一番です。

目のくまでお悩みの方、掲示板へいってみましょう。

目のくまで悩んでいるという方、ネット内の掲示板へいってみませんか?

掲示板では、悩んでいることを打ち明けることで、悩みを解決するだけではなく、アドバイスを受けたり、掲示板でかいただけでも気が済んだりします。

そこに書いてある多くの目のくまの悩みを見ていると、自分と同じ様な悩みを見ると、少し安心したりというのも本音でしょう。

メイクをする上でも目のくまは解消したいところですが、何が原因で目のくまができるかというのも知りたいところ。

かといって、専門的なことを並べられるよりも、掲示板でおしゃべり感覚で解決できた方が嬉しいというとも多いはずです。

美容関係の掲示板で、目のくまのことを打ち明け、悩みを相談してみると、気分も晴れていいと思いますよ。

きっと自分だけじゃないということが分かることが掲示板のよさかも知れません。

目のくまを撃退!

目のくま撃退するのも原因の究明が先決です。

目のくまの原因としては3つほどあります。

1つ目は、血行不良による目のくまです。疲れやもともと体内の血液循環が良くないなどの悩みを持っている人によく見られることですが、疲労が続くと、父目のくまはできやすくなります。

この場合の目のくま撃退は、疲れを取ることを優先した生活を心がけ、食事もバランスの良いものを摂りましょう。

2つ目には色素沈着が挙げられますが、たださえ皮膚の薄い目の周りを強くこすったり、メイクの際にも力んだり、クレンジンクをごしごしすると、出来やすい目のくまです。

目のくま撃退には美白効果のある化粧品や目の周りを強くこすらすなどの工夫をして見みましょう。

目の下が膨らんで影になり目のくまのように見える3つの目のタイプは、加齢とともに目のふくらみが目立ってきます。

撃退法としては、手術ですっきり、ですが、目の周りのマッサージを行うなどの予防線を若いうちから行っておくといいかもしれません。

お灸で目のくまが治せる?

お灸の中でもくまの改善によく効く、くるみ灸。

くるみ灸で使用する胡桃は、ただの胡桃ではなく、漢方成分のある特殊な液体に2、3日つけこんだものを使用してます。

血行不良が原因とされる目のくまは、お灸の温かな温熱効果に効き目があるとされています。

又、くるみ灸のお灸では、漢方の成分が目の周囲の血行促進を促すといわれています。

お灸というと、熱いというイメージですが、皮膚の薄いまぶたに置くお灸ですから、決して熱いということはなく、心地よいものです。

疲れ目にも効果があるお灸目のくまばかりではなく、全身にもお灸を施すというのはとても気持ちの良いことです。

お灸や鍼の治療には、西洋医学ではない体の中からじんわりと効き目を引き出してくれます。

一朝一夕でできた目のくまではなく、長年の疲れから来ているものであれば、ここは全身のお灸がお勧めですね。

特に肩こりや腰痛などには効果テキメンです。